ども。昭和モータース代表、ひーぷーです。
沖縄、全然寒くならないけど大丈夫やみ?!冬の方がクーラー付いてない古い車には都合がいいかな?
でもバッテリーは上がりやすくなるよね。10インチの合わせホイールを太くしようと企んでいるけど、コレ上手くいったらハバだな。

さて、「こんなーしてすがらせたらカッチョいいあらに?」シリーズ、今回は「スズキワゴンR」。
一番新型の6代目のスティングレーは顔がカッチョいいよね。コレを2ドアの「小型ボンネットトラック」にしましょう。
荷物はそんなに載らないけど関係ない!色は一番似合ってると思う「ブレイブカーキパール」。この色カッチョいいんだよなー。

1.まずは切って貼って、サニトラみたいに2ドアボンネットトラックにします。
Bピラーはそのままの形にして、荷台は窓ガラスの位置から上を切り飛ばしましょう。ちょっとハイゼットデッキバンみたい。
昔の車みたいに「一方開」で全然オッケー。

2.車高はベタベタに下げます。太いタイヤ履きたいので、純正のプレスラインに沿って叩き出します。ホイールはクレーガー!
コレに定番のBFグットリッチのタイヤにします。あえて今時小径の14インチはボンネットトラックに似合うね。

3.外装はほとんどいじらないけど、グリルだけキャデラックエスカレードみたいなメッキの横グリルにしてみて。
アメリカンな感じでコレも似合うね。エアロはフロントバンパーもサイドステップも純正で十分。

4.内装は今時の軽なので装備は十分。シートもベンチシートだし。何にもやることない!
シート倒れないのは不便かもしれないけど、すぐ慣れるよ。

ちゃーやが?顔と色がいいよね。結局車選ぶ時ってデザインで選んでしまうんだよな~。その方が大事にする気がする。
さて、次回は何をすがらそうかね?来月も安全運転で癒汰志駆!
過去記事