はいさい!昭和モータース代表、ひーぷーです。あけましておめでとうございます!今年も人も車も健康でありますように。
今年は軽自動車のレースも始まるみたいだし、コザモーターフェスや旧車のイベントもぜひ開催して欲しいなー。
少しづつクルマのイベントが復活して欲しい。

さて、今回の「クルマじょーぐー列伝」は、イベントとかで何度か見かけて気になっていたクルマのオーナー、Kさん。
いつかお話したいと思っていましたが、やはりクルマじょーぐーでした。

1、車歴がいい!
71マークⅡグランデ2000、Y44プレジデントソブリン4400(すげー!)、ユーノスコスモ2ローター、ユーノスコスモ3ローター(これもすごい!)、ローバーミニ(現在も所有)。コスモの3ローターは凄いパワーで、また乗りたいそうですが、当時ハイオクがリッター80円の時代だったので維持できたのかも。昔からアメ車が好きだったそうで、今の車にたどり  着きます。

2、今乗ってる車が渋い!
日産プリンスグロリア44年式。いわゆるタテグロ!赤い内装が目立つので、イベントなどて見かけた人も多いはず。
エンジンは4気筒OHVのH20。もともとはトラックやバスに載っていたみたいです。スカイラインRSのFJエンジンや、  フェアレディSR311のU20エンジンが載せられそうなので、今後は載せ替えも考えているそうでうす。部品取り車から左ハンドルの移植も計画中。内装やエンジン足回りも50年以上前のオリジナル!サンバイザーや内ドアに着いている     ビニールも破けず当時のまま残ってて本当に貴重。
実はこの車両、岩手県から沖縄に来た物で、やってきて二ヶ月後に東日本大震災が起きたそう。
前の持ち主はどうなったか分からないけど、大事にしないといけないと感じているそう。

ちゃーやが?クルマには一台一台ドラマがあるね。乗っていた人の思いも引き継いで大切にして欲しいです。
さて、来月はどんなクルマじょーぐーを紹介するかねー?今年も安全第一で癒汰志駆!
過去記事