ベレットGT その後…。


「暑いなー、仕事もひまやっさーやー。」

「けんいちー、ミカン狩りしに行くか。」

「えっ!大丈夫ですか?怒られますよ。」

「大丈夫ーしかまんけー、専務は出張で今日は帰らん!」

「仕事もないのに何するばー、掃除するばー?こんな暑い日はミカン狩り行くべきだろ。」

真面目なけんいちのほうきを取り上げ二人でこっそり抜け出し、未だLEGACYのLが無いけんいちのエガシーで。

運転席のシートを、胸とハンドルがくっつくくらい前面姿勢にしたけんいちの隣で、フルリクライニング。

靴下も脱いでダッシュボードにひなた干し、気弱なけんいちは俺の行動をチラ見し、何か言いたげだが飲み込んだ…。

「はーっしぇ、あつはなついなー!」 古堅さんがしょっちゅう言う、しににりるギャグがリフレインするくらい暑い!

昼食の時、「ちゅがくすかどーるむん、むんぬはなし~し、やな!」 という、まがおの正男さんには死ぬほど笑ったが…。

そんな暑さの中、30分ほどアクセルを踏み伊豆見到着、二人分の入園料¥1000払い、ミカン畑散策。

持ち帰りは不可だが、園内で、もいで食べる分にはいくらでもOK。

しかしミカンなんて何個も食えん。二、三個もいで雰囲気を楽しむのが粋。

けんいちはというと、育ちの良さが露呈して元取る根性丸出しで、もいでは食べもいでは食べ…。

さすが三男坊、食える時に食わんと食いっぱぐれるのを熟知している。

仕事が忙しい時に何度もわたやみーでトイレ行くやつがミカンそんなに食って大丈夫か?

ミカン園をあとにした二人はさらに北へ、めざすはベレット工場、あれから一ヵ月、様子も気になる。

工場には、おじさんも、いとこのたかゆきも見当たらない。昼ご飯だろう。

ブースの中には、バラバラにされサンドブラスターで板金むき出しのプラモデルのパーツのようになったベレット。

やぎーの、あちこーこースプリンターを彷彿させる、何も足さない感…。

「しーにはば、オールドタイマーやしぇー。」 できるものなら住み込んで自ら1000番のペーパーでさすってあげたい。

写真屋という職業柄、カメラとフィルムは常時携帯している。可愛さ余ってフィルム10本も撮ってしまった。

ネジまでマクロ撮影したのは、やりすぎ…。

30分ほどオイルの匂いを堪能し、終業時間に間に合わせ帰社。明日も暇だし今日の写真のアルバムでも作ろう。

会社に戻ると、従業員はほとんどが帰宅していて、薄暗い社内。

営業日報に、「従業員研修…本部。(明日はけんいちが社長をしかますくらい売るそうです。)」と書き提出して終了。

「焼き鳥食べて帰るか?」 

「いいですね!」

社長が何度か連れてってくれた、おいしい焼き鳥屋さん。

今日は、けんいちと二人で、ちょっとほろ酔い。

私事ですが、手術が必要なちょっと大きめの病気をしてしまい、しばらく原稿も書けぬまま編集部にはご迷惑をおかけしました。 現在療養中ですが、全快近くまで回復いたしました。 健康には気を使わないといけない年齢だなと痛切しております。 クロススポーツファンのみなさま、ひーぷーさんの言う「40過ぎたら大腸検査。」 ホントですよ! 年に一度は健康診断を、ご自愛ください。 BAR STEREO  TAKAYA

ポコペン先生
もっと見る