how_boxhow_boxhow_box

GYMKHANA

ジムカーナとは

自動車を用いて舗装路面で行われるスラローム競技の1種であり、タイムトライアルで争われる競技。こう書いてしまうとムズかしく感じてしまうかもしれないが、シンプルにいえば「デカ~いアスファルトの広場に、工事などでよく使われる『三角コーン(パイロン)』で作ったコースを1台ずつ走り、そのタイムを競う競技」
平面上に置かれた三角コーン(パイロン)で作られたコースは大会毎に変わる為、どんなに運転が上手くてもコースを間違えてしまうと『ミスコース』となり、タイムは残らないという事態になる。その為に本番前に『慣熟歩行』(コース内を徒歩で立ち入り、コースや路面状況を確認する)を行い準備する。
又、コース上に置かれたパイロンに競技中接触すると、『パイロンタッチ』となり、ペナルティが課せられる(パイロンタッチ1本につきプラス5秒)
本番出走は2回あり、そのうちより短い走行タイムが記録として残り、順位が決定する。1回あたりの走行時間はおよそ1分10秒から30秒程度。見た目の派手さはないが、パイロンをくねくねと走りぬけたり、ストップ&ゴーなどの動きにより、車内では物凄い重力(俗に言うG)と闘いながらハンドル、アクセル、ブレーキ、シフト操作に加えてサイドブレーキ(パーキングレバー)を駆使しながら1000分の1秒でも速くゴールすることに全神経を集中する。
パワーよりも足回りのセッティングやドライビングテクニックにより勝敗が決まる事が多く、非常に奥の深い競技なのだ。

いつ、どこで
やってるの?

現在、沖縄県で定期的に開催されているのが『エキサイティングジムカーナ』という タイトルの大会。名護市の名護サーキットで毎月第4日曜日に競技が行われている。 クラスは自動車の排気量や駆動方式、改造の有無などで6クラスに分かれていて、初 心者でもOKのチャレンジクラスも開設されているので、安心してエントリー可能。     
■エントリー代金チャレンジクラス5,000円 エキスパート7,000円
■お問い合わせ事務局090−7157−0264
MAIL info@exciting-gymkhana.com
■ホームページwww.exciting-gymkhana.com
■開催場所名護サーキット
905-1144
沖縄県名護市仲尾次1512
TEL 0980-58-1275
開催場所はコチラ
ジムカーナ会場

DRAG RACE

ドラッグ
レースとは

side_box

スタートではドライバー間で駆引きが 行われ、緊張感が高まる瞬間。

アメリカ発祥のモータースポーツで、2台のマシンが1/4マイル(約402.33m)の直線を静止状態から一気に加速し、ゴールまでのタイムと速度を争う競技。
日本では「ゼロヨン」(0-400m)と呼ばれ、1970年頃から親しまれている。
元々は、アメリカの若者の間での深夜のストリートレースが発祥とされている。又、信号が変わると同時にスタート&ダッシュする為、一部では「シグナル(信号)GP」と呼ばれることもある。
一見すると、「ただ直線をアクセル全開で走ればイイんだから簡単でしょ?」と思われがちだが、スタートのタイミングの反射神経、ハイパワーを確実に路面につたえるシフトチェンジやアクセル&クラッチワーク、コース上でのマシンコントロールなど、ゴールまでの数秒から十数秒の間で完璧に行わないと行けない為、高度なテクニックが必要とされる。又、ゴールまでの時間があまりにも短時間の為、ミスのカバーは皆無でワンミスが命取りとなるシビアな競技。
現在、沖縄県では1/4マイル(約402.33m)を取れるコースが無い為、コース距離を半分にしたゼロ200(0-200m)が開催されている。

いつ、どこで
やってるの?

北部の離島である「伊是名島」で開催されているのが、DRAG RACE in 伊是名島。 全長600mの滑走路を使用した0-200m競技会で、次回は開催時期がまだ未定だが、今後定期的に開催される予定。
    
■エントリー代金10,000円(保険代込み)※第一回大会時代金
■お問い合わせ沖縄県 Drag Race 協会
Okinawa Drag Race Association
090-5744-2646 / 担当 オオタ
MAIL jijyo4634@yahoo.co.jp
■開催場所伊是名場外離着陸場 
沖縄県島尻郡伊是名村字勢理客
開催場所はコチラ
ドラッグレース会場

DRIFT

ドリフトとは

side_box

今、最も勢いのあるモータースポーツ といえばドリフトで決まりだね!

自動車等でタイヤを意図的にスリップさせながら走行するテクニック。特に後輪を横滑りさせながらカーブを曲がるコーナリングの技術。以前はスピンしない為のテクニックとして必須だったが、タイヤやサスペンション様々な性能向上もあり、現在の鋪装路でのレースではドリフトはタイムロスになるという事で、今では迫力の走りやコントロール技術を競うドリフト走行が主流になっているのが現状。
モータースポーツ/パフォーマンスとしての「ドリフト」は『いかにカッコ良く、迫力のある走りをするか?』というモノが求められ、審査員によるジャッジで点数が与えられ順位を競う競技となっている。
ドリフト競技の最高峰であるD1グランプリでは、事前に審査員から発表された走行ライン等の審査ポイントに加え、「角度」「スピード」「エンジンの音」「動きのスムーズさ」などのたくさんの要素が総合的に審査され、スピンやドリフトのもどりがあったような場合は大幅な減点とみなされ、ジャッジされる。
1台でドリフト技術を見せる「単走」のほか、エキスパートクラスのトーナメントになると一対一のドリフトバトル「追走」が行われ、さらなる迫力が味わえる。

いつ、どこで
やってるの?

OKINAWA SUPER DRIFT として年間シリーズで開催されているドリフトイベン トが2013シーズンも絶賛開催中。近い大会としては9月22日の第3戦、10月 開催の第4戦が予定されている。
     
■お問い合わせ沖縄県スーパードリフト実行委員会
代表責任者 宮里宏和
TEL 098-983-2213
■開催場所体験王国むら咲むら内
 (予定)ククル読谷サーキット
沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1
TEL 098-958-1111
開催場所はコチラ
ドリフト会場