初!コースを2周トライアル
今回のコースは、高江選手考案の「同じコースを2周する!」という初の試みとなりました。単純な設定のように見えますが、スラロームからのタコつぼやオーシャンコーナーへの進入、エキジムコーナーからの脱出からのストレートの伸びへの繋がりと細かい丁寧な操作によって差が出るコース設定となり、ウェットコンディションと併せて、なかなかにテクニックを必要とする状況でした。

優勝

1'04"470

PNクラス

優勝  高江 淳

2位 喜屋武 崇  3位 石原 昌行

3台で争われたPNクラスを制したのは、エキジム初登場GR86の高江選手。フルノーマルのレンタルマシンでも、全日本選手の素晴らしい走りで、天気も味方にし、総合でもトップとなる優勝をゲットしました。2位はロードスターの喜屋武選手。第2ヒートで優勝の高江選手に迫る圧巻の走りをみせ2位表彰台を奪取。3位入賞はデミオの石原選手。ノーマル然とした見た目とは裏腹に中身はバリバリのジムカーナ車両に仕上げられたデミオ!タイヤのバランスと天気に翻弄されました。これからの活躍に期待です。

2位

1'05"794

3位

1'15"723


優勝

1'08"415

RRD1/RRD2クラス

優勝  金城 裕多郎

2位 島袋 弘明  3位 登川 和宏

4位 喜友名 禎  5位 兼城 邦雄

RRD1とRRD2の混走となったクラスを制したのは、エリーゼの金城選手。第1ヒートでもトップタイムで第2ヒート雨脚が少しずつ強くなる中、落ち着いた走りを見せながら、ベテラン勢を抑えて嬉しい優勝となりました。2位にはロードスターの島袋選手がランクイン。今回のコースはパワー不足を補うための持ち前のテクニックを出すターンの設定がなく、やや苦戦しましたが、次回以降に期待です。3位入賞はロードスター登川選手。第3ヒート、ウェットの中で唯一の10秒台をマークして、3位表彰台をゲットしました。

2位

1'09"177

3位

1'10"114


優勝

1'04"489

ビギナークラス

優勝  大城 敬一

2位 宮平 博一  3位 玉城 政貴

4位 座喜味 盛一郎  5位 佐久川 政孝

11名と最多の参加人数で争われたビギナークラスを制したのは、ヤリスの大城選手。軽自動車から最新のGR86など多種多様な車種が入り混じる中、クラス唯一の4秒台でぶっちぎりの優勝を果たしました。2位はエッセの宮平選手。第1ヒートから第2ヒートで着実にタイムアップし、第3ヒートに逆転の期待がかかりましたが、ウェットに…。しかしながら第2ヒートのタイムで2位入賞。3位はコペンの玉城選手。第2ヒートで大幅なタイムアップ!しかし第3ヒートがウェットではいかんともしがたく、第2ヒートのタイムで3位表彰台をゲットしました。

2位

1'05"755

3位

1'05"934


優勝

1'07"794

ノーサイド

優勝  石原 さゆり

2位 蒼空 一歩  3位 中山 征哉

4位 藏當 稔

第1ヒートをキャンセルした石原選手、ドライでのアタックとなった第2ヒートの素晴らしい走りでクラス唯一の7秒台を叩き出し、優勝をゲットしました!2位はインテグラの蒼空選手。久しぶりの参戦となりましたが、そうは見えない走りっぷりで第1ヒートでのミスコースを取り返す第2ヒートの走りで2位表彰台をゲットしました。3位はアルトワークスの中山選手。軽自動車でもRX8やインテRなどのスポーツカーと互角に渡り合えるポテンシャルを持ったアルトワークスで、キッチリと走り切り3位表彰台となりました。

2位

1'08"852

3位

1'13"103


優勝

1'06"708

R4WD/RFFクラス

優勝  神里 義嗣

2位 安田 翔  3位 大城 剛

4位 諸見里 ダニエル

R4WDとRFF勢で争われたこのクラスを制したのは、CR-Xの神里選手。第1ヒートで4駆に迫る分切のタイムを叩き出したものの差は大きかったところ、天気も味方にした第3ヒートのウェット路面で4駆勢を引き離し、優勝となりました。2位はシビックの安田選手。ウェットでも少しずつタイムを詰めていきましたが、第3ヒートで神里選手がたたき出したタイムには届きませんでした。3位はランサー大城選手。ドライではトップタイムでしたが、ウェット4駆優位と思いきや、タイヤの性能差も大きかったか…それでも随所に全天候型の4駆走りを披露してくれました。

2位

1'09"419

3位

1'09"947


GYMKHANA
もっと見る