平昌オリンピックをリスペクトした山野哲也監修コースを攻めろ!
恒例となった伊是名でのコース作成はもちろん山野哲也。実は山野選手はコースデザイナーという肩書を持っており、会場の特徴や選手のレベル、イベントの内容を総合的に勘案して作成するという仕事も請け負っている。今回も沖縄ドライバーのためにノーギャラですべて引き受けてくれた。コースは冬季オリンピックにちなんだ名称や沖縄独特の名所も設定された親しみやすく走り甲斐のある設定で、選手たちも走る度に完成度の高さを改めて知る事になった。

優勝

1’17”126

ビギナークラス

優勝  小波津 敬成

2位 石橋 昂也  3位 中村 哲朗

4位 栗林 史樹  5位 宜保 安尋

総勢10名での大所帯バトル。車種は2駆から4駆NAからターボと正に異種格闘技クラス。練習走行からエボⅥ小波津選手が絶好調!走るたびに1秒ずつタイムを削って、2位に6秒差をつけてのブッチギリ優勝となった。2位は久々参加のFD2シビック石橋選手。ゴール前の2回転720度ターンに苦しめられたが、下位を0.5秒退けた。3位はこちらも久々のDC5インテグラ中村選手が昔の勘を取り戻しながら表彰台に滑り込んだ。

2位

1’23”031

3位

1’24”527


優勝

1’18”093

PNクラス

優勝  座間味 健

2位 喜友名 禎  3位 宮城 勇気

4位 津田 隆史こちらはFFとFRの2対2によるバトルの構図。FD2シビックのざんみ選手が練習走行で720度ターンが決まらず、厳しいかと思われたがアタック走行からは素晴らしいターンを見せて1秒差をつけて優勝。2位は練習走行から好調な走りだったが、その後はタイムが伸び悩んだBRZ喜友名選手。3位も前半のスラロームのリズムが悪く、最後まで攻略に悩んだスイフト宮城選手の順となった。

2位

1’19”023

3位

1’20”383


優勝

1’18”705

RRD1クラス

優勝  比嘉 雄一郎

2位 島袋 弘明  3位 石原 さゆり

4位 仲村 春栄

こちらは4台のエントリー。優勝は大本命の2017年チャンピオンの島袋選手かと思われたが波乱が起きた。 前に立ちはだかったのは久々参加のカプチーノ比嘉選手だ。軽自動車ゆえトップスピードは劣るものの、前半のスラロームや水芭蕉フリーターンで小型車の威力を発揮し見事な優勝を飾った。2位は0.1秒差で涙をのんだロードスター島袋選手。安定した速さを見せるも、タイムが伸びずまさかの結果となった。3位はチャンピオンにあと僅かまで迫った女性ドライバートレノ石原選手が高速レイアウトにも臆せず攻めの走りで好タイムをマークした。

2位

1’18”806

3位

1’19”106


優勝

1’14”992

RRD2クラス

優勝  登川 和宏

2位 野村 慎也  3位 小田 賢志



優勝は練習走行ではミスコースしたものの、他を寄せ付けない貫録の走りで2017年チャンプのMR2登川選手となった。2位は一時は優勝争いに肉薄するも最終アタックではタイムダウンとなったS14シルビア野村選手。3位はシルビア対決では勝ちたい気持ちが焦りとなってミスコースを誘発してしまったS15シルビア小田選手の順となった。

2位

1’16”895

3位

1’17”259


優勝

1’12”997

RFFクラス

優勝  安木 美徳

2位 神里 義嗣  3位 安田 翔

4位 具志堅 興司

ここからは全日本選手も入り乱れての戦いとなったクラス。優勝は絶対王者、沖縄の神里選手を見事に破った全日本ドライバーCR-X安木選手。アタック1本目まではいまいちな走りだったのが最終アタックで開眼し異次元の走りで総合3位にも付けた。2位は常勝シビック神里選手がまさかの1秒以上の差をつけられて悔しい結果となった。3位はカートランドではメキメキと力をつけてきたシビック安田選手だったが、ハイスピードの伊是名では2位と4秒差を付けられてしまった。

2位

1’14”015

3位

1’18”227


優勝

1’12”202

R4WDクラス

優勝  石原 昌行

2位 石元 啓介  3位 謝敷 宗一郎

4位 上原 克洋
こちらも全日本ドラバー石元選手とそれを迎え撃つ沖縄ドライバーでJAFカップウイナーの石原選手の石&石対決に。練習走行では石元インプレッサが圧巻の走りで2秒差のトップに立ったが、アタック1本目では石原ランサーがひっくり返し、最終アタックでは逆に石原選手が2秒差をつけての圧勝という展開となった。2位は石元選手、3位は石元選手とダブルエントリーの謝敷選手の順となった。

2位

1’14”216

3位

1’14”502


優勝

1’11”722

OPENクラス

優勝  大城 剛

2位 高江 淳   3位 石原 俊

4位 嘉陽 宗章   5位 伊波 哲也

久々成立のオープンクラスでも全日本ドライバー同士の対決となった。練習走行では全日本SA4ランキング8位のエボⅩ大城選手だったが、アタック1本目ではまさか!のミスコース、これにより暫定トップは全日本SA2ランキング3位のインテグラ高江選手に。そして迎えた最終アタックは大城選手が底力を見せつけ1分11秒台を叩き出す。そこに高江選手も全日本で鍛えられた意地を見せるかと思われたが、まさかのシフトミスで失速し勝負は大城選手に軍配が上がった。3位にはエボⅨ石原選手の順となった。

2位

1’14”164

3位

1’14”584


GYMKHANA
もっと見る