OKINAWA SUPER DRIFT 第3戦
(2013年9月22日/日曜日)
2013シリーズもいよいよ中盤戦に突入!の第3戦。シリーズを制するなら
絶対に負けられない闘いがココにある。激戦を制したのは一体誰だ。
2013シリーズから戦いの場をククルサーキットに移して開催されている沖縄スーパードリフトも今回で3回目を迎える。昨年までの大会と違い、タイトなコースに悩むドリフターも多いと思われるのだが、回を増す毎に各選手スキルアップ&レベルアップし、3回目の今大会は各クラスで迫力の走りが見られた。また、今回はコースが前回、前々回よりも若干ストレートの距離が長くとられ、審査コーナーへの進入速度はアップしているのも見所のひとつ。ポイント争いも激しくなってきた沖縄スーパードリフト。上位にランクインする為には絶対に負けられない闘い。ライバルを抑え勝利の美酒を味わったのは一体誰だぁ! 詳しくは、動画&誌面をチェックしてみてください

前回エンジントラブルで2位に泣いたS13與儀が見事雪辱を果たし地方選クラスを制覇。同時にシリーズポイントリーダーに浮上!

軍艦色のような艶消しブルーがイカしてるR34スカGを駆る野村選手が終止安定した走りをみせビギナークラス優勝の座を手にした。

今回も小学生ドリフター圭立選手が優勝かと思われたが、S15赤嶺選手がチャレンジクラスとは思えない見事なドリフトで初優勝を飾った。

真紅のボディが眩しいS15に乗る弓枝選手は男子に負けない迫力の走りを披露!しかもエンジンは1Jってんだから、さらにビックリ!!

前回チャレンジ優勝の大城圭立選手は同級生のみんなとハイチーズ!今回は惜しくも勝ちを逃したが、次回は期待してますよ!

第3戦を制した上位3選手。激戦を制して優勝したのはS13與儀選手。2位入賞は180SX仲村渠選手。3位に入ったのは前回準優勝の平敷選手。

 
過去記事