第12回4WD&マウンテンバイク トライアル大会 2014
(2014年11月23日(日))
熱血!4WDトライアル!!
難攻不落のコースを攻めまくれ!
11月23日に行われた4WDイベントにクロスポが潜入! 当日は11月とは思えないような快晴に真夏のような天気。 そんなHOTな状態に大会前からエントラントのボルテージ は上がりっぱなし!今回は約3年ぶりの開催ということも あって、待ちきれない根っからの4WDフリークが約50名 がコース狭しと迫力の走りをみせた。4WDだからこそ出来 る走りが満載で、急坂登るのは当たり前、車が横転する事 なんて日常茶飯事(笑)それでも皆さん笑顔で4WD車の 素晴らしさを実感して楽しんでましたよぉー!!男性ドラ イバーも凄かったんですが、それに負けないぐらい女性ド ライバーのパフォーマンスも素晴らしかったですよ! では、当日の熱い走りを誌面とムービーでしっかりチェック したちゃってくださいまし!

CAR9さんの看板娘サヤさんは男子顔負けのアクセルの踏みっぷりでデモカーのジムニーS.P.Lで果敢にアタック!この画像のあと、一大事が起こっちゃいますがコチラはムービーでも確認出来ますんで、是非上の動画をポチッとヨロシク!!

それにしてもランクルの走破性と迫力にはホント度肝をぬかれます。その姿は正に陸の王者といったトコでしょうか?その勢いは道なき道を行く!道がない場合は自ら道を作る。これぞ、漢(おとこ)の生きる道、そんな姿を見れた瞬間でございました。

今回のこの素晴らしいイベントを主催してくれたのは、沖縄四駆会の金城会長!イベント当日は会場を所狭しと走り回っておりました。で、隣に陣取るのは舌好調(ぜっこうちょう)の冴え渡る実況を聞かせてくれたMCアラカワ!その超絶実況もムービーで楽しめますぞい!

コースアウト、スタックしたマシンはこのようにガツンとパワーショベルで救出されます(笑)だけど、大雑把というか大胆というか(笑)最高です!ただ、マシンに乗ってるドライバーからしたら、たまったもんじゃないかもね。そうならない為にはキチンと完走するしかないですね。

ご覧くださいこの角度!というか、この状態!!トライアル中はこんなん日常茶飯事。この状況下でもきっちりマシンをコントロールして、コースを攻めまくるんだから大したもんですね。素人の方だったら、助手席でマジで失神5秒前カモです。

当日はイロイロなアトラクションがあってギャラリーの皆様を楽しませてくれました。コチラは沖縄チャンプによるバイクトライアルの演技なんですが、あまりのスキルの高さにお口アングリ状態で見入ってしまいました。ちなみにこの自転車、トライアル専用でシートがハナっから付いてないのも驚きでした!

 

シャイニング所属の女性ドライバー宮城選手。男子選手でもビビってしまう高難度コースをガンガン攻めまくっておりました!今回、この宮城選手以外にもたくさんの女性ドライバーがエントリーなさってましたね。次回はレディースだけの大会を開催しても面白いだろうね。

マウンテンバイクトライアル大会では強脚自慢の選手が多数エントリー!その中に沖縄四駆会の金城会長の姿を発見。ヤングライダーの中、優勝をめざしてかなり本気になっておられました。結果の方は僅差で負けちゃいましたが、その闘志溢れるお姿に乾杯です!

決勝トライアルコース序盤に現れる地獄谷セクションでは多くの犠牲車がでましたね。で、コチラのジムニーはあわやリタイアという所まで行きましたが、このような状態から奇跡の生還を果たし、見事ゴールまでたどりつきました!人間あきらめちゃダメです、ハイ!

四駆マシンの足回りの凄さを実感できる競技といえばコレ!犬ション大会。角度の付いたスロープに片側だけ車輪をのせていき、どこまで四輪が地面に着いて行くかを勝負するんですが、その姿はまるでわんちゃんがションベンしてる トコ。コチラのジムニーのパフォーマンスはかなりのモンでした!

オレンジ色のパイプフレームがスパルタンなトライアルマシン!ボンネットにかすかにジムニーの面影がある程度で、車種不明なトコが最高じゃあありませんか!!これなら、ガンガンにコースを攻めまくっても鈑金にキズや凹みを気にしなくてイイから安心です。

ワイルドなマシンが多い中、コチラのホワイトジムニーはパッと見、ストックっぽくていいですね。しかし、キャンバーのついた前輪がコイツが只者では無い事を教えてくれます。あと、ボンネットに直にスプレーで書いたと思われる『祝 決勝!』の文字がイイですな。